Get Adobe Flash player
Home 技術情報
English (UK)

ドングル技術

Mac用ドングルドライバーVersion 7.5.4がリリースされました。

IMC, およびGTで使用しているMac OSX用ドングル用ドライバーの最新Version 7.5.4がリリースされました。Mac OS X.11に対応しています。

ダウンロードページからダウンロードできます。

ドングルドライバーVersion 7.5.2がリリースされました。

IMC, GTおよびMGGで使用しているドングル用ドライバー(今回はMac OSX用のみ)の最新Version 7.5.2がリリースされました。Mac OS X.7に対応しています。

ダウンロードページからダウンロードできます。

浮動(ドングル)ライセンス更新用Secure Update UtilityのVersion確認方法

  1. Secure Update Utilityを起動します。
  2. Helpボタンをクリックします。
  3. ヘルプの最初の画面を一番したまでスクロールします。
  4. Revision Hとなっていれば最新(2010/12/1現在)です。

ドングルライセンス更新ファイルの読み込み時にInvalid File Errorとなる

現象

浮動ライセンスの更新ファイル「L9999999_XXXX_0xXX_20999999.upw」をSecure Update Utilityを使用して読み込もうとすると、「Invalid File Type」というエラーメッセージが表示され、ライセンスを更新できない。

原因

浮動ライセンスのドングル更新用ユーティリティが古いVersionである可能性があります。古いVersionである場合は、ダウンロードページから最新のSecure Update Utilityをダウンロードし、それを使って更新操作を行ってください。

Secure Update UtilityのVersion確認方法

ドングルライセンス設定環境チェックシート(Mac OS X 32-bit)

浮動(ドングル)ライセンス設定環境チェックシート

 


Mac OS X 32-bitの場合


ドングル版起動トラブル時の確認事項(Mac OS 10.5,10.6用)

  • Q.1. MAC OS は32-bit対応ですか?      
  • Q.2 ドングルをUSBソケットに差し込み、LEDが点灯しますか?
    • A. 点灯する  → 正常
    • B. 点灯しない
  • Q.3 ドングルドライバー(Sentinel Hardware Key Driver)のVersion確認
    /システム/ライブラリ/Extensionsの下にSentinel.kextがありますか? 
    • A. ある  → 正常
    • B. ない
  • Q.4 Q.3で「A.ある」の場合は、そのVersion確認
    • Sentile.kextの上でマウス右クリックを実行し、「情報を見る」を選択してください。
    • すると、Sentinel.kextのVersion が表示されます。
    • A. Version 7.5.0である → 正常
    • B. それ以外である → 最新のSHK Driverをインストールします。
  • Q.5 ドングル用ライブラリーの確認
    /アプリケーションズ/imc_ge/binの下にlibSentinelKeysJDK.libが存在しますか? 
    • A. libSentinelKeysJDK.jnilibがある → 正常
    • B. ない
  • Q.6 Java RunTimeEnvironmentのVersionの確認
    /アプリケーションズ/ユーティリティ/Java Preferencesを起動します。
    概要のJava アプリケーションの最上位にあるVersionを確認  
    • A. Java SE 6 32-bit  →  正常
    • B. それ以外  → Q.7へ
  • Q.7 Java SE 6 32-bitは、リストの下方にはありますか?
    • A. ある  →  Java SE 6 32-bitを最上部へ移動させます。
    • B. ない  →  Java SE 6 32-bitをインストールします。

 


 

ドングルライセンス設定環境チェックシート(Mac OS X 64-bit)

浮動(ドングル)ライセンス設定環境チェックシート

Mac OS X 64-bitの場合


ドングル版起動トラブル時の確認事項(Mac OS 10.5,10.6用)

  • Q.1. MAC OS は64-bit対応ですか?      
    • A. 64-bit (Core 2 Duo以降) → 以下に進んでください。
    • B. 32-bit (Core Duo以降) → MacOSX 32-bitのページへ
  • Q.2 ドングルをUSBソケットに差し込み、LEDが点灯しますか?
    • A. 点灯する  → 正常
    • B. 点灯しない
  • Q.3 ドングルドライバー(Sentinel Hardware Key Driver)のVersion確認
    /システム/ライブラリ/Extensionsの下にSentinel.kextがありますか? 
    • A. ある  → 正常
    • B. ない
  • Q.4 Q.3で「A.ある」の場合は、そのVersion確認
    • Sentile.kextの上でマウス右クリックを実行し、「情報を見る」を選択してください。
    • すると、Sentinel.kextのVersion が表示されます。
    • A. Version 7.5.0である → 正常
    • B. それ以外である → 最新のSHK Driverをインストールする。
  • Q.5 ドングル用ライブラリーの確認
    /アプリケーションズ/imc_ge/binの下にlibSentinelKeysJDK64.libが存在しますか? 
    • A. libSentinelKeysJDK64.jnilibがある → 正常
    • B. ない
  • Q.6 Java RunTimeEnvironmentのVersionの確認
    /アプリケーションズ/ユーティリティ/Java Preferencesを起動します。
    概要のJava アプリケーションの最上位にあるVersionを確認  
    • A. Java SE 6 64-bit  →  正常
    • B. それ以外  → Q.7へ
  • Q.7 Java SE 6 64-bitは、リストの下方にはありますか?
    • A. ある  →  Java SE 6 64-bitを最上部へ移動させます。
    • B. ない  →  Java SE 6 64-bitをインストールします。

 


 

Mac OS Xにおけるドングルの認識トラブル

2009年7月23日にリリースされたIMC Version 3.2 26以降、Mac OS Xにおいて64-bit対応ドングルドライバーがそれまでのβ版から正規版に変更されました。ドングルメーカーからリリースされたβ版と正規版のVersion名が同一であったため、正規版がインストール時に自動的に更新されない場合があります。

この場合は、IMCを起動するときに、ドングルを差しん込んであるにもかかわらず、ドングルを差し込むようにとのメッセージが表示されます。この現象が発生した場合には、ドライバーを手動でインストールする必要があります。

Windowsでは問題ありません。


ドライバー手動インストール方法


  1. 現在インストールされているドライバーを完全アンインストールします。
    • ドライバーをゴミ箱に入れるだけでは、完全にアンインストールできません。
    • 完全アンインストールを実行するには、UninstallSSD.shというスクリプトをTerminalから実行します。
  2. 正規版ドライバーをダウンロードします。
  3. ダウンロードされたファイルを解凍します。
  4. 解凍されたSentinelSystemDriver.pkgをダブルクリックします。
  5. ドライバーのインストールが開始されます。

USB HUB経由のドングル使用

ドングル(Sentinel Hardware Key)のメーカーからはHUB経由での、ドングル使用は問題ないとの回答を得ていますが、過去にUSB HUB経由でのドングル使用により、ドングル内のライセンス情報が読めなくなる障害が1件発生しています。

ドングルを使用する際には、できるだけPCやMacに装備されたUSB ソケットに直接差し込むようにお願いいたします。

浮動(ドングル)ライセンス更新方法

ドングルの更新方法

 


A.更新リクエスト方法


  1. 現在ご利用中のソフトウェア(IMC, GT, MGG)をインストールしたマシンにドングルキーを差込ます
  2. ソフトウェアがインストールされているマシンがMacの場合とWindowsの場合では使用するプログラムが異なります。IMCを例にとると、
    • Macの場合は、/Applications/imc/binの下にあるSecureUpdate.commandを、をダブルクリックして実行します
    • Windowsの場合は、c:\Program Files\isb\imc\Secure Update Utilityの下にあるSecure Update Utilitiy.exeをダブルクリックして実行します。
  3. Generate Request Codeというボタンがありますので、それをクリックします。
  4. ファイルを保存するように要求されますので、それぞれどのドングルのライセンスID(L2で始まる8桁の文字列)をファイル名として保存してください。
  5. 複数のドングルを所有されている場合は、この作業をドングルそれぞれについて、実行してください。なお、ドングルを差し換えれば、この作業は同じMacあるいはPCで実行してかまいません。
  6. それらのファイルをメールに添付してインシリコバイオロジー宛お送りください。

B.インシリコバイオロジー社から送付された更新ファイルによる更新方法


  1. こちらで、更新ファイルをメールに添付してお送りします。
  2. そのファイルを保存し、ドングルを差し込んで、
    • SecureUpdate.command(Macの場合)
    • Secure Update Utility.exe(Windowsの場合)を実行します。
  3. 今度は、Update Hardware Keyという欄で、ファイルのマークをクリックし、メールに添付 されたファイルを選択します。
  4. このとき、ファイル名とドングルのLIDが同じであるかを確認してください。
  5. その下の、Apply Codeというボタンをクリックします。
  6. Successというメッセージが出れば、Utilityを完了し、ドングルを取り出してください。
    以上で、ドングルのライセンス更新が完了します。
  7. 6でエラーとなる場合は、Secure Update UtilityのRevisionが古い可能性があります。最新のSecure Update Utilityをダウンロードページからダウンロード、インストールして、再度Aのリクエストから操作します。

 

 


 

 

近日中リリース予定製品

近日中リリース予定機能