Get Adobe Flash player

eShop in silico

バナー

in silico biology's

バナー
Home 製品 IMC

製品リリースニュース IMC

さらに記事を読む...

IMC Ver. 7.22 以降のリリースニュースは新サイトで

 

IMC Version 7.22より新しい製品リリースニュースは、新サイトで閲覧できます。

 

IMC Ver. 7.20リリース

  1. A.A. Mappingにて「For input string "M"」というエラーメッセージが表示される不具合が解消されました。

IMC Ver. 7.21リリース

  1. Global Genome Rearrangement Mapにおいて結果表示Windowsの幅を950 pixel 以下にすると描画が乱れる問題が修正されました。
  2. Mutation Searchで多数のSNPを一度に「Insert as New Feature」処理すると「For input string error」となる問題が修正されました。
  3. 以下の表記を修正しました。
    • Sub Menu Itemのうち「Search Pathway for ARM」を「Search Pathway by ARM」に変更しました。
    • Global Genome Rearrangement Mapの実行ダイアログ上の表示で、「Search without homology area」 は「Show non Homologous Region」に変更されました。

IMC Ver. 7.19リリース

  1. Mutation Searchにおいて、以下の改良が行われました。
    • 結果の変異箇所を選択した場合メインフィーチャーマップの配列レーンの対応塩基がハイライトされます。
    • 参照ゲノムマップの対応位置に、その変異箇所塩基を表示します。
    • 変異リストに表示された変異から選択された変異を新規フィーチャーとして登録する機能が追加されました。
      • この場合は、Current FileのQualifier /note=に変異塩基を記述する

IMC Ver. 7.18リリース

  1. 新規メニューアイテム「Genome Design」が追加されました。ゲノム設計関連機能が移動します。
  2. 複数のゲノム配列に対して、制限酵素消化を行った場合に複数レーンのゲル電気泳動が表示できるようになりました。
  3. Homology Search およびPrimer Design関係の実行ダイアログの戻りボタンの仕様が変更されました。

IMC Ver. 7.17リリース

  1. 期限限定ライセンス販売開始のため、ライセンス使用期限までの日数が表示されるようになりました。
    • 永久ライセンスでは正しく表示されません。

IMC Ver. 7.16リリース

 

  1. 一部のダイアログ表示を変更しました。

 

 

IMC Ver. 7.15リリース

  1. Mutation AnalysisのCSV出力ファイルのフォーマットに項目が追加されました。
    • 変異部位の遺伝子名(gene)とlocus_idが追加されました。

 

IMC Ver. 7.14リリース

  1. 変異検索機能が追加されました。
  • Genome Analysisメニュー → Compare → Mutation Searchで参照配列を選択します。。
  • カレントデータのCDSをクエリーにして参照配列に対してホモロジー検索(blastp)を実行します。
  • 双方向性がチェックされます。
  • トップヒットのCDSの核酸配列でアライメントが実行されます。
  • 変異箇所が検索されます。
  • 結果が表示されます。
  • 結果をクリックすると対象の位置にジャンプします。
  • 検索範囲として、CDSおよびIntergenic regionの区別を選択できます。

IMC Ver. 7.13リリース

  1. フィーチャキーの形状に異なる太さの垂直線が追加されました。
    • 太さは1~5ピクセルです。
    • フィーチャーの中心に描画されます。
    • エクソン、イントロンなどJoinで分かれてる場合は各joinの中心に描画されます
  2. コドン置換機能で、全CDS一括処理の他に指定したCDSのみを処理する機能が追加されました。
  3. 参照ゲノムにfastaファイルまたはCDSを持たないgenbankファイルをロードして、ホモロジー検索を実行するとエラーとなるバグが修正されました。
  4. 環状ゲノム(N,1)をまたぐ配列でプライマーをデザインするとN,1をまたぐ配列を増幅できないプライマーがデザインされるバグが修正されました。
    • デザインされたプライマー自体は問題がありませんでした。
    • デザイン結果の位置設定でバグがありました。
  5. プラスミドマップである条件を満たすとフィーチャーが表示されないバグが修正されました。

IMC Ver. 7.12リリース

  1. Bug #2188: N,1をまたぐフィーチャーの位置情報表示の際、Nより大きい値が表示されるバグが解決されました。
  2. Bug #2189: 指定範囲の右クリックで表示されるメニューが異なる場合がある問題が解決されました。
  3. Spec #2187: 指定範囲を増幅する最適プライマーをすでに登録されたプライマー中から検索する機能が追加されました。
  4. Spec #2190: CDSを特定の制限酵素で切断されないように配列置換する機能が追加されました。
    • 置換するコドンは指定されたコドン頻度表に基づき、使用頻度の高いものを選択する。
    • 置換されたコドンはQualifier /modified_base=に保存する。
  5. Spec #2186: LGRMにて、Multiple CSVファイル出力を自動的に保存するように変更されました。
    • 従来は、解析の最後にダイアログが表示され、保存するかどうかを尋ねられました。
    • 今回修正後は、実行前に保存するかどうかを尋ね、実行時にはその指定に基づき自動的に保存を行い、終了するように変更されました。

Language Selection

English (UK)